横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

第一回才能アカデミー主催イベント「才能発見教室」盛況のうちに終了しました!

才能アカデミーというグループが発足したのが4月。それからおよそ二ヶ月半で、先週19日の日曜日に第一回目のイベントが終了しました。この才能アカデミーというグループは、およそ10歳くらいまでの子供を対象に才能の“見つけ方”と“伸ばし方”を、福岡市近…

「才能発見教室」いよいよ今週日曜開催です。

自分がスタッフで参加しているグループ「才能アカデミー」のイベントがいよいよ今週日曜日福岡市南区のアミカス高宮で行われます。6/16(金)まで受付中ですので、お近くの方はぜひお越し下さい! 「親子でわくわく!才能発見教室」 日時:6/18(日)9:50〜…

福岡三年目にして初めて警固神社にお参り。

福岡へ引っ越して来て三年目になる。天神や博多にはよく買い物で来ていたものの、今回天神に用事があって訪れた時に、ふと思い立って警固神社にお参りしようと思った。福岡三年目にしてこの警固神社に足を踏み入れたのは初めてだった。そもそも警固神社とは…

人になにかを「伝える」事の難しさ。

人は誰でも大人になれば、自分が得意な事、不得意な事の分別くらいは当然のようについてくるもの。それでふと自分が好きな事、嫌いな事、好きだけど上手くない事、嫌いだけどわりと得意な事などについて考えてみた。自分が好きな事ってなんだろう。自分でい…

自分が本当に好きだったこととは。

この記事を読んで自分が本当に好きだったことについて、今更この年齢になって考えてみました。 kasakoblog.exblog.jp あらためて言う必要もないと思いますが、ブログ界で有名な人物の一人である「かさこ」さん。この方のこの記事を読んで、自分が本当に好き…

「人生の難関を超える秘訣」
。

今日ふとしたことで、とてもいい言葉を知る事ができた。 「人生の難関を超える秘訣」 一.非常に明るいこと 一.ユーモアがあること 一.常に人に何かを与えようとすること 一.何事も人のせいにしないこと 人は誰でも毎日生きていて、当然いいことばかりじゃな…

まったく意味のない長時間労働ってなんだろう。

給湯室で珈琲を入れようとした所に同じ職場の先輩がやってきて、なにやらため息をつきながらぼやいていたのでどうかしたんですか、と聞いてみると、部門の上司から「早く帰り過ぎなので、もっとやってもらわないと困る」というような事を言われたらしく、自…

そこはかとなくカレーが好きだ。

カレーが好きです。なぜと言われても好きなものは好きなんです。特にナンで食べるインドカレー。これがもうたまらなく美味しい。たまにふらっと街でカレーが食べたくなると、もうその抑えきれない衝動は止めることができません。大至急ネットで「食べログ」…

その時間は本当に必要ですか?

看護師が語った、死ぬ直前に誰もが後悔する「5つのこと」 http://tabi-labo.com/156441/realize-before-die/少し前にネットでよく見られていた記事だと思います。ここに書かれている5つのことは最もシンプルだけど、本当に納得できる内容だと思います。人は…

「俺たちは氷室京介を卒業できない。」

これは氷室京介というアーティストの、キャリア最後のライブを行うにあたり、立ち上がったファンによるメッセージ投稿サイトの広告のコピーです。 blog.livedoor.jp この「氷室京介」というアーティスト、自分の世代ではほぼカリスマ的な存在と言ってもいい…

「子供をお迎えに行く父親は本当に出世できないのか。」

少し古い記事ですがこんな記事を見つけました。 「子供をお迎えに行く父親は本当に出世できないのか。」 http://mainichi.jp/premier/business/articles/20151006/biz/00m/010/014000c 会社ってひとつひとつの組織がそれぞれの「社会」だと思うので、 その社…

二度目の肋間神経痛を経験。やはり激しく痛い。

どういうわけか、人生で二度目の肋間神経痛の症状が出はじめた。ふと気づくと左の下の方の肋骨にやや違和感を感じ、一日そのまま気にせず過ごしていたら、次の日には確実に痛みが大きくなっていた。これはもしや「肋間神経痛」ではないだろうか?人生初体験…

「才能アカデミー」発足しました。

自分自身も5歳の娘がいるので、子育てについてはいろいろ悩んだりする事も多いです。今回福岡でいつも懇意にしていただいている仲間内で、教育熱心な方の声がけによって「才能アカデミー」というおおむね10歳くらいまでのお子さんを対象にした教育イベント…

熊本の災害ボランティア活動に参加して感じたこと。

4月に熊本で起きた震災は、ここ福岡でもかなりの揺れだった。地震が起こらない、少ないと思っていた九州であり熊本で、これだけの被害が出たことが本当に信じられない。もう日本のどこで大きな地震が起こっても不思議じゃない気がする。 そんな大きな地震で…

これだ!と思ったことはすぐにでもやったほうがいいと思うただ1つの理由。

「時間」というものについて真剣に考えたことはありますか?この現代社会で誰もが平等に分け隔てなく与えられているものが 「時間」だと思うんです。ところが社会で生きていると、この「時間」というものをいかに粗末に扱っているかを自覚している人は、自分…

風情ある町、柳川へ。

福岡県柳川市。ゴールデンウィーク後半、思い立って柳川へ行ってみる事にした。距離にしてだいたい福岡市内からは車で約2時間弱、自分の自宅がある太宰府市からはおよそ車で一時間と少し。福岡県の南寄り、ほぼ下の方の熊本にほど近い場所の町。柳川というと…

呼子で食べた新鮮なイカの活き造り!そして有田陶器市へ。

今年のゴールデンウィークは、泊りがけのレジャーは計画しておらず、単発で近場のレジャースポットへ遊びに行く計画を立てた。本当は宮崎の高千穂峡へ行こうと考えていたけど、熊本・大分の震災の影響を考慮して今回は断念した。 その代わりに目的地を九州北…

あらゆる「揉め事」を引き起こすたった一つの理由。

人はどんな人でも他人と関わって生きているだろうし、子供から大人へ成長していく過程で、その時その時のいろいろな人が集まるコミュニティに属して日々生活、活動している。一人きりで山にこもって自給自足生活をしている人とかではない限り、この現代社会…

一生お金に困らない生き方。

今さら言うでもない、心屋仁之助さんの「一生お金に困らない生き方」を読んだ。本のタイトルからしてお金を儲けるためのハウツー本かと思われるかと思うが、まったく真逆の本であった。お金の話を切り口にしていながら、ベースにある真理は自分の生き方に素…

「ゴールデンウィーク2016」

テレビのニュースを見れば、どこかの高速道路で渋滞何十キロとか、新幹線の乗車率150パーセントとか、空港でのインタビューで、「今年のGWは家族でグアムへ行きます」という小学生とか、とにかく毎年同じようなニュースや光景が目に入ってくる。 自分も一…

「うまくいっている人の考え方」

書評なんて偉そうに評論できた立場じゃないけど、自分が今お世話になっている人からプレゼントしていただいた本。「うまくいっている人の考え方」というタイトルからして、うまくいっていない人向けの本なんだろうということは、一目でわかる。 www.amazon.c…

同姓同名の不思議、ギネスに挑戦する田中さん。

ちょっと古い記事だけど、面白い記事を見つけたので、メモ書き程度に。 style.nikkei.com 人って基本的に自分以外の誰かと繋がりたいものだと思う。しかしこういった繋がり方もありそうで身近では誰もやっていなかった。自分と「同姓同名」の人だけの集まり…

忙しい人ほど誰かのため活動している。

たまたまネットで調べ物をしていたら、こんな記事を見つけた。www3.nhk.or.jp 「東北ユースオーケストラ」と言って、坂本龍一が設立した東日本大震災の教訓を世界に伝えたり、震災で被災した東北の復興を演奏活動を通してサポートする団体で、先日第1回目の…

子どもが病気した時に思うこと。

五才の娘が高熱を出した。朝方自分が起きた時に、奥さんが「昨日の夜から39度も熱がある」と。子どもってしょっちゅう熱を出したりするものなんだけど、その度に夫婦共働きであるウチは、どちらが会社を休むかお互いに調整し合う。共働き家庭の人はわかる…

広がりゆく繋がり。繋がるヨロコビ。

ここ福岡へ移住してきたのが2013年8月だから、もうそろそろ丸三年が経とうとしている。この三年が早いのか長いのかはよくわからないけど、東京・横浜で過ごしてきた時間の三年間よりも濃密なのは間違いない。福岡へ移住して来た瞬間に、猛ダッシュで人との繋…

親密度って時間の長さじゃなくて接触回数だと思う話。

五歳になる自分の娘ときたら、一日の中で何回も機嫌がよくなったり、悪くなったり本当に忙しい。さっきまで「パパ大好き!」といっていたと思ったら、娘がいけないことをしてため、ちょっと叱ろうものなら、もうその時点でもう「パパ嫌い!」要は自分の都合…

妙に納得した自分軸と他人軸の話。

かさこさんの今日のブログを読んでいて、妙に納得してしまった。 kasakoblog.exblog.jp 今までの自分は、仕事=我慢。がまんした分だけ評価されるべき。がまんこそ美徳。我慢し続けるひとはいい人。そうやって思ってきた。我慢して自分を犠牲にしてる感が、…

今回の熊本の震災で見えてくること。

五年前の東日本大震災に学ばない政府。今回の熊本の地震でも、収束しない余震、行き渡らない支援物資、だんだんと悪くなっていく状況。素人目にはまったく五年前の震災に学んでいないんじゃないかと思える。政府関係者、大臣においては、今の時点で誰も被災…

日常は自分の時間を奪うもので溢れてる。

最近自分がすごく意識していることが、「時間管理」についてだ。時間はだれにでも平等に与えられたものであり、それを自分がどうやって自分の持っている時間に割り振るかは、すべて自分次第だ。この記事を読んでから時間の使い方に対する考えが少し変わった…

熊本の震災について思うこと2。

いまだ余震が続く今回の熊本大地震。自分も自分で何かできることはないかと考え、食料品などの支援物資を現地に送ったりもした。これだけの被害が出ている災害なのだから、誰もがその事実に胸を痛め、自分にできる最大限の支援はなんだろうと考え、物資を送…

熊本の震災について思うこと。

この14日の夜に起きた熊本の震災について、いろいろ思うことがあり書いてみようと思う。自分は五年前に横浜で東日本大震災を経験した。横浜の揺れ自体は震度5強で、震源地ほど揺れではなかったと思うが、それでも長く、強く揺れ、繰り返す余震、停電。スー…

だいぶ久しぶりにアコギを買ってポロポロ弾いてみたら、 かなり楽しかった!

知人が、幼児向けの音楽教室のようなイベントを企画しているそうで、そのイベントで子供達が歌う歌の演奏に、ギターを弾く人間を探しているというので、昔バンド活動などを少しやっていたので、ギターの演奏で協力させていただくことになった。なにしろ十何…

熊本で震度7!まさか九州でこれほど大きな地震が起きるとは思わなかった。

先日の熊本で起きた震度7の大きな地震。 夜9時半に差しかかる頃、娘をベッドで寝かしつけていたときに、 ふいに携帯の緊急地震速報の警報が鳴った。 娘と一緒にベッドに入り、自分もウトウトと寝入ってしまうかというころに、 激しく鳴った緊急地震速報。 …

渡辺通りのショッピングセンター「サンセルコ」は、 昭和の風情漂うディープな空間だった。

4月の誕生月で運転免許の更新月が近づき、薬院の渡辺通りにある免許センターへ、第二、第三、第四日曜日は受付しているらしく、混雑を覚悟で手続きに行ってきた。ここはゴールド免許所持者用の運転免許センターだ。西鉄大牟田線、薬院駅から徒歩約10分。渡…

子育てがあるから好きな事をあきらめる?

自分には5才になる娘がいて、 夫婦で働いているので、保育園に毎日通わせている。 妻も自分も仕事は忙しく、お互いの家事分担をうまくやりくりしながら、 毎日毎日慌ただしく過ごしている。朝は自分が朝食を作り、娘に食べさせて、 親は二人とも勝手に食べ、…

知人のブログで自分の事を紹介していただいた。

知人で高野(こうの)さんという男性がいて、 この高野さんとは、とあるセミナーでお会いしてから、 幾度かセミナーやイベントでご一緒させていただく機会があり、 仲良くさせていただいている。 この高野さんのブログがこちら。 blog.goo.ne.jp キャリアサ…

新入社員が入ってきた。

先週末に夜桜見物をし、春を思い切り満喫したところで、週明けの4月最初の月曜日、今年の新入社員が配属されてきた。自分はデザイン課という部署おり、現在12名のデザイナーが在籍しているが、そこへ新しく女性の2名のデザイナー配属。 毎年思うが、この業界…

誕生日を迎えてまた新たにブログ再開。

今日めでたく四十うん回目の誕生日を迎えた。誕生日なんてある年齢になってくると、 普通の日となんら変わりがなく、ましてや楽しみにしているワケでもなく、 なんとなく「ああ、誕生日だな。」くらいの感覚になってしまう。 ただ、ふとそんな誕生日の日を、…

「人生うまくいかない人がよく使う7つのセリフ」を読んで。

ああ、言われてしまった。。。 これは自分の事だ。 今まで生まれてこのかた幾つの物事を初めては止め、 なにかを始めるために言い訳をし続け、結局はじめなかった事か。。。 kasakoblog.exblog.jp 何事も始めるためには準備が必要だ。 周到な準備があってこ…

「役割」について考えてみた。

人にとっての悩みといえばいろいろあるが、 誰にとっても一番大きなところは、「人間関係」と「お金」じゃないだろうか。 一般的な生活を送っている人にとっては、 大体この二つのことで悩むことが多くないなだろうか。 たとえば人間関係。 ある人と雑談をし…

デザイナーとクライアントの間によくある話。人は本当に「思い込み」の生き物。

お互いの思い込み。 もうかれこれ紙媒体のデザイン業に携わって20年ほどになるのだが、 どこのクライアント様との間にも起こる不思議な話をお話ししたい。 そもそも僕らデザイナーは、クライアントとなる企業や役所、 団体などの存在がなければその存在意義…

今年に入って18日目、ブログ更新は10回。大きな歩みも小さな一歩から。

昨年11月15日に立ち上げたこのブログ、 総記事数はまだたったの38記事。二日に一回の更新頻度という計算になる。 多くの人に役に立って、人の参考になるブログにするために、 これからどんどん書いていこうと思う。 と、いきなり締め括りの体裁になって…

理解してもらうのが難しければ、ただ知っておいてもらうだけでいい。

自分はいろいろはイベントやセミナーに参加することが好きだ。 自分で色んな事を発信したいと思いブログを初め、 発信したい事のインプットのためにイベントに参加したり、 知りたい事があってその関連のセミナーに参加して、 気づきがあった事をブログでア…

最近巷で話題の前者・後者論。自分はどちらか考えてみた。

自分は前者なのか後者なのか。 最近盛り上がっている「前者・後者」論。 がんばらなくていい、自分以外の自分になるな。と言っている、 これは心理カウンセラーの心屋仁之助さんが提唱している人のタイプの概念。 前者・後者とは 前者=できる人・大人・空気…

成長に継ぐ成長。成長は日々の蓄積。

子育てをしていると、決して一日単位ではわからないけど、 子供は毎日確実に成長している。 その成長度合いは毎日見てると何の変化もないと感じてしまうけど、 なにかしら目には見えない成長を毎日している。 それは、目に見えない毎日の成長の蓄積で子供の…

結果は時間が経ってからわかるもの。人は基本変化し続けたいはず。

現在の職場の女性の後輩がよく悩んでいるのは、 「新卒で入社して十何年、これまでここで経験した仕事しか自分にはできない。 もっと色々な仕事に関わって自分が成長したい。」 と、よく話している。 さらに、 「自分は経験値を上げたいのに会社が成長させ…

自分探しの旅。それは数々の転職から見えた自分の心の闇。

2016年も始まって数日も経つと、もう正月ムードもすっかり過ぎさり、 仕事も生活もすっかり日常モードだ。 だれでも年始には今年の目標を立てたり、去年立てた目標を達成できなかった 反省をしてみたり、新しい年の始まりだけに心機一転、自分を振り返ったり…

「セルフイメージ」で自ら結果を作り出す!人は自分で作ったイメージに導かれる不思議。

去年は自分にとって心の在り方を少し変えてみた年だった。それまでは自分の心の状態を客観的に観ることができず、小さな他人の行動や言葉にイライラしたり、無意味に自己否定したり、他人はなんとも思っていないのに、何気なく言われた言葉をずっと気にして…

自分はいつの自分を生きているのか?そりゃ今を生きているに違いないのだけど。

この年末年始は横浜と東京に帰省して、 学生時代の仲間や元勤務先の元同僚や家族など、 様々な時期に様々な場所で知り合った、 自分にとってとても大切な人たちと会うことができた。 だれでも自分という存在はこうして今を生きているが、 横浜や東京で出会っ…

鎌倉にあるレストラン「ガーデンハウス」が気持ち良かった。

年末年始は奥さんの実家である横浜と、 自分の実家がある所沢に帰省するのが、例年のパターンになっている。 今回の年末年始の帰省で、家族に会うのはもちろん、 昔からの地元の友人たちや、以前の会社の同僚たちと久しぶりの再会をはたすのも、 ここ数年の…