読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

福岡移住雑感。

実際のところ福岡に移住して来てなにが良かったのか!?

 

福岡に移住してきて二年と半年。実際のところ住み心地ってどうなんだろう。

よく言われるのは、「東京の一曲集中の限界」「都市機能リスクの分散化」などだと思うが、実際住んでみて感じたのは、休日の博多・天神の街中を歩いた時に感じた、ほどよい人混み具合であった。東京や横浜だとこうは行かず、休日の新宿・渋谷または横浜などは、人酔いするくらいの混み具合が普通だった。今では休日に博多・天神に買い物に出かけてもあまりの人混みにイライラするなんてことは、ほぼない。

自分が第一に気にしている食材のことについては、横浜に住んでいた頃は、安全性の懸念から宅配業者の「西日本野菜セット」を積極的に取り寄せていたわけだが、それがどうだろう。こちらに来てからは、地元のスーパーに行けば8割九州産、1割中国産、1割関東東北産のような商品展開。

なんて恵まれた商品ラインナップ。これだけでもご飯三杯おかわりできそう(笑)。
実際のところこちらで手に入る食材がほぼ九州産であることに、夫婦揃ってとてつもない安心感を抱き、自分なんかはスーパーに並ぶ食材の産地を見ながらじ〜んと涙が溢れてきそうになったくらい。これで子供に安心な食材を食べさせてあげられる!あれだけ苦労して西日本の食材を簡単に手に入るんだ!という開放感にも似た安心感。

それだけでも九州に移住することができて大変良かったと思っている。

 

f:id:juns0714:20151117231611j:plainこの飛行機に乗って福岡に来たね!

 

じゃあ反面福岡に移住してどんな面で苦労したか!?

 

苦労したと言えば語弊があるが、福岡県もそこそこの規模の都市であり、福岡市においては政令地方都市であるから普通に生活する分にはなにも不自由することはない。

が、地方における習慣という面からは、やはり東京圏から比べると慣れるのに時間がかかった事も事実である事は否めない。

 

・言葉がわからない

これは全く想定していなかった事で、標準語圏で育ち、訛りや方言、強烈にわかりづらい地方の方言といえばすぐ思いつくのは東北弁や大阪弁。福岡弁というものがあるとは認識してはいたが、ある程度の年配の方や、福岡を離れたことがない生粋の博多っ子の方のしゃべる言葉が、どういうテンション、どういうニュアンスなのかつかめない事も多々あり、会話をしながらもリアクションに困り、ポカーン?とする不足の事態にみまわれる事も多々あった。なんか怒らせてしまったのかな〜?どこか虫の居所がわるいのかな〜?といった印象。後になってわかったのだが、決して怒っているわけでもなく虫の居所が悪いわけでもないらしい。。。

 

・道路事情

東京圏だと道路幅や狭さ、走っている車の台数が多い事もあり、交通マナーや危険さをドライバーが本当に認識しないと、事故が多発してしまうだろう。反面、福岡は車の数もほどほどだし道路も県道や幹線道路は道幅も広く、ましてや渋滞なんて朝の通勤時くらいにしか起こらないものだからか、全般的におおらかである。

 

・バスの乗り口で並ぶ習慣がない

横浜に住んでいた頃は、人はバス停に一列で並んで乗車が基本だった。しかし福岡のバス停では列なんて見当たらない。人はそれぞれ待ちたい場所で待ち、待つ人が増えればなにかの群衆みたいな状態になる(笑)。そこからバスが到着すればバスの乗り口に向かってあらゆる方向から人が押し寄せる。まあそれは言い過ぎだとしても、少なともバス停で並ぶ文化はないらしい。そんな状態でも自分が先だの、あんたがゆずれだのという事態は見た事がないから、ここは福岡の人の良さが出ている一面なんじゃないかと思った。しかし西鉄電車の駅のホームは普通に整列乗車なんだが。不思議…。

 

まあ所変われば品変わるというのもあるのだろう。苦労というほどではないが、いくつか馴染むのに時間がかかる習慣があるというのも事実だった。

このあたり、これから福岡へ移住する方にとってぜひ参考にしていただければ幸いです。決して住みにくい場所ではなく、適度に都会、適度に自然が近く、慣れれば本当に快適な場所だという事は事実です。なんにおいてもほどよい福岡!

 

f:id:juns0714:20151117235740j:plain自分だけ横浜から夜通し車で走り、朝方福岡についてソラリアプラザの最上階から見た警固公園