読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

出会い。つながり。

 

地元と地元以外。

 

福岡で暮らし始めてはや2年と3ヶ月。横浜で暮らし、東京の会社に勤めていた頃に比べて自分の周りがずいぶんと変化してきたと思う。東京で働いていた頃は、自分はどちらかといえば自分に与えられた役割を全うしようとしていた。それは自分の友人・知人関係、会社の同僚や先輩、後輩、上司などとの関係、家族や親子の中での父親としての家族に対する関係、夫婦の間での夫としての関係など、いろいろな場面、立場、関係性によって、いろいろな自分を演じていたようにも思える。
福岡で暮らすようになってから改めて実感した事は、幼い頃から東京で暮らしてきて辺り前に感じていた事なのだが、東京は地方から人が集まって来る場所であり、自分の世代も就職や進学で東京に上京し、そのままそこで結婚し家庭を持ち土地に定着する。逆に福岡に移住した身としては、基本こちらは皆九州の人だし、多様性という側面からはやはり東京のそれに比べると雲泥の差があった事は事実である。
そう考えると、東京で生活していた頃のように、関係性によって求められてる自分を演じるようなコミュニケーションでいたら、いつか自分が破綻してしまうと思ったし、なにしろ本音で付き合えなければ、他の方とのコミュニケーションがうまく行かなくなるのは目に見えていた。

 

 

f:id:juns0714:20151121235111j:plain

 

 

心のスイッチを切り替えた。

 

ではそう感じた自分は、どういう方向にマインドを切り替えたか。

自分の現在の状態を確認してみると。

・自分の過去や現在を知る人間は、だれ一人としてこの土地にはいない。

・基本こちらの方は九州・地元の方であるということ。

・自分の過去の思い出や経験が染み付いた場所は一箇所もないということ。

 

だいたい上記に挙げたような事を感じていた。
まあ、当たり前といえば当たり前の事だと思う。

 

しかし、実際この移住の経験がなければ自分が生まれ育ち、青春時代を過ごした土地の身近さや落ち着き感によって、人間は過去に経験・体験した事が自分のベースになっているんだ、という事を実感する事はできなかった。
それを実感できたから、自分の中で大きくマインドを切り替える事ができたのだと思う。

 

まず、出会った縁を大切に。

 

福岡に来てからというもの、本当にたくさんの大切な方々と出会う事ができた。

それはやはり、自分の中で大きくマインドを切り替える事ができたからほかならないと思う。自分は他所からこちらの土地に住まわせていただいてる人間だし、東京のように当たり前に人が集まってくる場所でもない。そういう理由から自分のマインドを切り替え、まず自分から心を開いて自分の事を知ってもらえるように、人に対してのアプローチを変えた事によって、すごくいろいろな方と出会うことができた。実際ところ自分から積極的に人にアプローチしないと誰も自分に気づいてくれないし、誰もこの自分の存在を認識してはくれないんだという事を身を持って実感した。

そうやって切り替えたマインドで出会う事ができた方々とはすごくお互いにとってプラスな関係性を築けていると感じる。心をオープンにしている事によって、深い部分でお互いの存在価値を認め合いたい者同士が出会うような巡り合わせになっていると感じる。
本当に福岡に来てから知り合えた方々には感謝せずにはいられない。

 

 

f:id:juns0714:20151121230229j:plain今日は東京から友人・知人がご来福!大名にあるキッズカフェアンドバー「HOME」にて。