横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

好きな事で生きる。

 

すごい価値観に出会ってしまった感。

今までの自分は、普通の一般的な家庭に生まれ、食べる事や学ぶ事にも特に困る事もなく、なに不自由なく少年時代を過ごし、社会人となり、人生が進む分かれ道に出会うたび、迷いや挫折を人並みに感じながらも自分の中で最善の選択を繰り返して今ここにいる、と思っていた。
「思っていた。」というのは、この方の存在を知ってしまったからである。年間8万枚の写真を撮影、年間90万字の執筆、カメラマン&ライター(カメライター)「かさこ」さん。

 

kasakoblog.exblog.jp


SNSで流れてくるタイムラインでは、なんとなくそのプロフィール画像は目にしていたが、たまたま知り合いがFacebookで「いいね」をしていたのと、なぜか急にものすごくこの方を知りたくなってソワソワし、すぐにかさこさんのブログにアクセス。そこでブログを読んでまたまた驚き!なんと、新卒で消費者金融アイフルに入社し数年で退社後、世界各国を旅しながら写真を撮影、15年前から毎日ブログを更新、自分で撮影した写真を写真集、著作多数…。
自分の拙い知識でいうと、カメラマンってまずスタジオでアシスタントを経験後、写真家の元で修行、なんていう道が一般的だと思っていたけど、そうでなくてもカメラマンとして、ライターとしてものすごく活躍なさっている。
そのかさこさんが掲げているテーマとして「好きを仕事に。」好きなら続けられる、好きならその人の魅力が一番伝わる。というような事をおっしゃっている。

 

かさこマガジンを早速送っていただいた。

 

かさこさんは、自分のプロフィールや活動内容を写真と文章で分かりやすくまとめた「セルフマガジン」を自費で制作されていて、それを読みたい人に無償で配布している。自分も早速メールで郵送の依頼をし、お忙しい中一部郵送していただいた。
心待ちにしていたかさこマガジンが届き、さっそくじっくり読み込んでみると、まさに目から鱗だった。自分も好きな仕事を選んだつもりではいたが、気づくとそれは人が敷いたレールの上での選択肢であって、心の底から寝なくてもやってられるか、食べなくてもそれをし続けたいかと問われると、このマガジンを読み終えた後には、決してそうだとは言えない自分がいた。

 

 

f:id:juns0714:20151128003506j:plain

 

しかし本当にこの自分の年齢にして、すごい価値観に出会ってしまった。いや、もしかすると今だからこの価値観に出会えたのかもしれない。福岡に移住して早二年。今ではもう出会うべくして出会ったこの価値観としか思えない。これからは自分がいいと思った行動、言動を心がけようと思う。自分の物差しの尺度として、このかさこさんのスタンスをこれからも自分の指標にしていきたい。

これは本当にすごい価値観に出会ってしまった。