横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

「山の手マルシェ」に行ってきた。

 

家族みんなで遊んで学んで過ごす週末。

 

週末に家族三人で、西区は今宿の西部ガス研究所の敷地で開催されていた山の手マルシェに行って来た。この山の手マルシェというイベント、どうやら毎年開催されているようで、今年の開催で数えて三回目だそうである。自宅の太宰府から車で高速を走りおよそ40分。意外と近い。この日は前もってこのイベントに出かけると決めていたのだけど、家族三人で見事に寝坊。やや出遅れてしまった。

開場についたのが午前11時すぎくらい。開場に付き入り口付近で配られていた会場マップを眺めると、「山の手マルシェってどんなイベント?」と書いてある。

テーマは「家族みんなで遊んで学んで過ごす週末。」

内容は、「大人たちは、お買い物やカフェでの安らぎの時間を楽しみ、対面販売でのコミュニケーションの中から作り手の想い読み解く。その近くでは子供たちが、体験を通して気づき、学び、夢や憧れに触れる場所がある。また、そのような場所を地域の皆様のご協力とともに作っていく。そんな場所が山の手マルシェ。」と書いてあった。

 

f:id:juns0714:20151201232756j:plainカッティングボード作り体験!

 

実は前もってここに家族で来ようと決めていたにもかかわらず、あまり内容を把握しておらず、おそらく子供向けの体験イベントなんだろうな、くらいにしか認識していなかった。

実際子供向けの体験イベントがメインだが、他には地域の物産展的なものや産直品の販売、ガラス工芸のショップやオリジナル家具の販売店など、地域の地元の店や工芸品、産直品などの販売もさかんに行われていて、とても興味深く見る事ができ、横浜に住んでいた頃には、自分のアンテナが立っていなかっただけだからなのか、こういった地元や地域発信のイベントってあっただろうか、と思ってしまった。

 

 

f:id:juns0714:20151201232908j:plainアクリル絵具で絵付け体験!

 

これらの体験コーナーでは一回数百円で体験でき、実際お金はかかったとしても微々たるもの。入場無料だし地域の情報も得られ、子供も体験を通してなにかを得てくれていたら嬉しい。住む場所も変われば遊び方も変わる。

 

なんかとても新鮮な気分を体感できた。また来年の次回開催も来ようと思う。

 

www.yamatenomarche.com