読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

帰省した横浜の街に久しぶりに出掛けてみた。

昨年の12月30日に福岡から横浜に帰省しているわけだけど、
奥さんの実家や自分の実家に顔出す以外では、
正直時間を持て余してしまうことが多い。

そんなわけで、久しぶりに横浜の街に買い物にでも出てみようかと思い、出掛けてみた。

f:id:juns0714:20160102232012j:image
横浜在住当時住んでいた東戸塚にも行ってみた。

横浜の街に出てみると、まあやはり人出の絶対数は全く違う!
JR横浜駅の地下コンコースを歩きながら行き交う人混みをかき分け、
目的地まで歩いて行く事の疲労感と言えば、
福岡のそれと比べたら、全く違うと言っても過言じゃないだろう。
やはり人間の絶対数が全く違う。

この面では福岡の方が有利だった。
精神的な疲労感が全然違う。
ただ、そこはやはり体に染み付いたものからか、
人混みをよけて歩く術は身にしみているらしく、
イライラしながらも案外すんなりと歩くことができた。

これはもしかしたら土地勘と言うか、どこにどんな店があるかわかっている事も大きいのかもしれない。
福岡ではこうはいかず、まだどこにどんな店があるかは把握できてはいない。
なるほど、そういった面からも過ごしやすさの体感が変わってくるのだろうと思った。

とはいえ、前を見ればバーゲンに向かう人混み、
デパートに入ればエスカレーターにびっしりと詰まっている人混み…。
それに辟易とした自分は、買い物が目的で横浜に訪れたがほぼ戦意喪失。
買い物は中断し、久しぶりの横浜家系ラーメンを食べ、帰路についた。

f:id:juns0714:20160102231844j:image
とんこつもいいけど、やはり家系が旨い(笑)

やはり福岡は天神にしろ博多にしろほどほどの人混みで、
そういった面では東京や横浜より過ごしやすいのかもしれない。
この横浜や東京の密集度合いと言えばやはり半端ないもので、慣れてはいるが、
精神的に健全か否かと問われれば、
自分にとっては決して健全ではないだろう。

こういった面からも、
もちろんどちらの方が必ず良いというわけではないが、地方都市の暮らしやすさに分があるのは否めないような気がした。


Junya Suzuki:juns0714