読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

最近巷で話題の前者・後者論。自分はどちらか考えてみた。

 

f:id:juns0714:20160116013707j:plain

 

自分は前者なのか後者なのか。

最近盛り上がっている「前者・後者」論。

がんばらなくていい、自分以外の自分になるな。と言っている、

これは心理カウンセラーの心屋仁之助さんが提唱している人のタイプの概念。


前者・後者とは

前者=できる人・大人・空気よむ・それゆえ責める人

後者=できない人・子供・空気よめない・それゆえ責められる人

おおまかにこの二つのタイプにわけられるという。

 

ameblo.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【前者の特徴】

悪意がある
遠回しに嫌味を言う
難しい話
成長
勉強大好き
成長したい人
大人になりたくてなった
できる自分になることの喜び
責める側
鎧がいっぱい
仕事早い
できる
理屈
理論
整理
理のつくことが大好き
正しい
すぐ怒る
空気読む
気が利く
静かなのが好き
ちゃんとしてる
疑り深い
怖い笑いをしている
心の中は常に怒っている
普通が好き
本当は子どもに憧れている
頭の中はいつも悲しい

 

【後者の特徴】

悪意がない
ストレートな言葉しか投げられない
ストレートな言葉しか受け取れない
嫌味が通じない
責められる側
頭の回転や動きや喋りが常に遅い
なんかわからんけどーと言う
理屈がわからない
いつも自分が悪いと思っている
前者の地雷を無邪気に踏む
気が利かない
気が利くって何?
がんばって気を利かすけどダメ
すぐ信じる
そんなに笑わない
普通にしてる
機嫌がいいでもなく悪くもない
普通が好きだけど普通になれない
天然
大人に憧れている
大人になれないギャップで苦しむ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



自分はどちらだろう。

これは兄弟構成や母親、父親との関係性がすごく影響しているという。

自分は年は三歳ずつ離れている三人兄妹の長男、第一子である。

父親は普通のサラリーマン、母親はパート勤めの共働き家庭で育った。


自覚してる性格は、

ちゃんとしなきゃいけない(前者か?)

正しい事が好き(前者か?)

理屈や理論が好き(前者か?)

普遍的でスタンダードが好き(前者か?)

どちらかといえば自分が悪いかもと思ってしまう(後者か?)

そんなに笑わない(後者か?)

天然と言われる(後者か?)

ちゃんとしたいんだけどそんなに頑張るのは嫌(後者か?)

でもちゃんとした人として見られたい(後者か?)

 

などと前者になりたい後者が入り交じった状態だ。

自分の過去や辿ってきた経歴を振り返ってみると、

ああ自分はちゃんとしている自分を「認めてほしかった」という

後者なんじゃないかと思えてくる。

 

子供の頃は母親が働いていたため、

妹たちをみてあげなきゃいけない、自分がしっかりしなきゃいけない。

そのため自分の気持ちは抑え気味になる。

ただ自分も上手にに甘えたい。

この繰り返しの蓄積で「〜しなければいけない」自分の完成。

 

ああなんとなくわかる。

後者か?自分。

前者にならなきゃいけない、大人にならなきゃいけない、と思って来た感じ。

そして前者を演じてきた自分の中の後者が、

自分だって甘えたい、自分の気持ちを抑えたくないグツグツしている感じ。

だから心の底から自分を楽しめていない。

 

今現在の自分だってそうだ。

周りの空気や目を気にして、今を楽しめず、

理屈が好きで鎧をいっぱいつけて本当の自分を出さない。

出さないのはそうしなければいけないと思っているから。

ダメな自分がバレたくないから。

 

恐るべし自分の無意識。

もう、ちゃんとしなきゃというのはやめてもいいんじゃないか。

ダメなんだから自分。

ちゃんとしなさい!って刷り込まれてきたんだから。

そのダメな自分をまず受け入れないと変われない。

ダメな自分はそのまま出していい。

 

こんな事を言ってるのかな心屋さん。

なるほど、がんばって作った自分はなんの魅力もないということか。

ココロ解放。本当にがんばる必要はないのかもしれない。

 

Junya Suzuki:juns0714