読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

理解してもらうのが難しければ、ただ知っておいてもらうだけでいい。

 

f:id:juns0714:20160118211657j:plain

 

 

自分はいろいろはイベントやセミナーに参加することが好きだ。

自分で色んな事を発信したいと思いブログを初め、

発信したい事のインプットのためにイベントに参加したり、

知りたい事があってその関連のセミナーに参加して、

気づきがあった事をブログでアウトプットして、

それで自分にいい循環が生まれているのを実感している。

自分に知識や経験が増えて行く事で、

自分に良い変化が起こっていくことが実に楽しい。

 

そんな自分をみているウチの奥さんは、

単に外で遊び歩いているように見えるのかそれが不安に思うらしく、

時としてお互いぶつかってしまうことがある。

 

ぶつかってしまえば、自分はそれを治めようと

これこれこういうワケで…などと理解をしてもらおうと説明を始める。

そこで理解をしてもらえればまったく問題はないが、

理解できないなんて受け入れたくないと思うのが人の性で、

受け入れたくない人にムリに話したり、理解を得ようとしてもそれは難しい。

その結果伝える事をあきらめてしまう。

 

しかしこんな悪循環を同じように感じている人がいて、少しホッとした。

 

nhnl.yosshi7777.com



「ココロ動くブログ」を書いてらっしゃるよっしーさん。

ときどき読ませていただいているブログで、

こんな記事を読みでみてものすごく共感。

少しだけヒントをもらえた気がした。

 

このよっしーさんがおっしゃっているのは、

わかってもらいたいというのは相手の課題に踏み込んでいることになると。

奥さんが理解していようがいまいが、

「知っていてほしい」と伝えておくことで、

理解できなくてもいいんだよ、いつかわかってくれれば、

というメッセージになる。

 

自分はこれがやりたい。やりたいからやっている。

相手がどう捉えようとそれでいい。

決してないがしろにしているワケじゃないんだよ。

自分がいい変化をし続け、プラスの影響を家族や周りの人に与えてたいから。

ともすればネガティブ思考になりがちな自分にとって、

プラスのインプットはとても大事なことだから。

 

ただ知っておいてくれるだけでいい。

こう思えたら気持ちはラクになるんじゃないだろうか。

 

Junya Suzuki:juns0714