読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

「うまくいっている人の考え方」

書評なんて偉そうに評論できた立場じゃないけど、
自分が今お世話になっている人からプレゼントしていただいた本。
「うまくいっている人の考え方」というタイトルからして、
うまくいっていない人向けの本なんだろうということは、
一目でわかる。

www.amazon.co.jp


そうだ。自分は今うまくいっているようには見られていない。
だからこの本を読んだらいい、と勧められたんだろう。
この本の言わんとしていることは、
どんな人にも「自尊心」というものがあって、
それは他の誰にも犯されるものではない、
自分に対して自分のことを変えようとか、

自分自身の欲望や欲求のために他人を変えようとしたりする人に、
従う必要はない、と説いている。
要は「自分の人生を生きていいんだよ」と、
いうことを伝えている。

自分はとかく他人に合わせようとしたり、
自分のことはとりあえず押し殺して、
他人がいいと言うならばそれでいい、
というような生き方をしてきたしまった面がある。

この本はとにかくそういった「他人本位」な人生を送る必要はまったくない、
ただひとつの「自分だけ」の人生を歩んでいるのだから、
それを他人がとやかく言う筋合いはないってこと。

この本を読んで、というかお世話になっている人にいただいて、
自分の現状をなんとなく認識することができた。
そう、自分は「自尊心」が低いんだ。
だから他人から見た自分はそのように見えている。

自分を大切に、自分の人生を自分の価値観で生きている人に、
人はついてくるんだろう。
そんなあたりまえであり普遍的なテーマに切り込んだ、
まさに今自尊心が低い自分にとって、
はっとさせられる勉強になる本だった。

Junya Suzuki:juns0714