読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

これだ!と思ったことはすぐにでもやったほうがいいと思うただ1つの理由。

「時間」というものについて真剣に考えたことはありますか?
この現代社会で誰もが平等に分け隔てなく与えられているものが 「時間」
だと思うんです。

ところが社会で生きていると、
この「時間」というものをいかに粗末に扱っているかを自覚している人は、
自分も含めてそれほど多くないように感じます。

今この瞬間の連続で人は生きていて、一瞬一瞬過去に流れていく。
それは誰とっても平等にそうであり、受け入れなければいけない事実。
誤解を恐れずに言えば、人は誰でも死に向かって生きていて、
永遠に時間を持てる人は誰一人としていないはずなのに、
毎日それを意識して生きている人は少なくとも自分の周りには、
いないことはないけどそれほど多いわけではありません。

 

f:id:juns0714:20160507015534j:plain


よく、昔に時間を戻すことができたらいつの自分に戻ってやり直したいかなどと、
雑談のネタで話したりしたことがあると思いますが、
もしその時に戻ってやりたいことがあるなら今からでもやればいいのにと
思う事があります。
人ってそうそう変わる事はないと思うし、
過去の自分がそれをやりたいと思っていたなら、
今でも心のどこかでやりたいと思っているんじゃないでしょうか。

だったら自分で人生の経験値を上げてきた分、
やりたいと思っていた事を実現するノウハウは現在の自分のほうが蓄積されてるはず。
行動を邪魔するのは、それを実現させるモチベーションと、
自分でできないと思っている勝手な「思い込み」。

現代人は誰でも資本主義ベースのプレートで生命活動を行っているのは
誰でも変わりないから、今までの時間を生きてきた中で、
この現在のプレートの上では実現することができないだろうというように、
おそらくそれは「前例」というものがないから勝手に決め付けているように思います。

残念ながら人は健康で元気に活動できているうちには、
「時間」というものを意識できる人は少ない。
いざ自分のやりたいことを実行しようとしても、病気になったり、失業したり、
自分の意思以外による原因によって、
自分が「やりたい」という意思を簡単に阻まれる。
そうなった時に初めて自分にはもう時間がない、と自覚しても、
もう時すでに遅しで、時間というものは決して戻ってはきません。

だから、「これだ!」と思ったらすぐにでも始めたり
行動したりしたほうがいいと思う理由は、
ずばり「時間がないから」。
自分が今それをやりたいとか行きたいとか、
行動のきっかけになる「思い」を感じた同じ瞬間は二度と起こらないし、
今そう自分が感じた何かしらの理由があるはず。
しかも行動したらしたで、小さくても何かしらの「結果」が出たり、
「方向」が見えたり、次につながる「変化」や「実感」が生まれたりするし、
その蓄積が自分の価値観となっていくから。

なので、自分はどんな小さなことでも自分が感じた行動のきっかけとなる、
「衝動」みたいなものは、その時点では完璧にできるとか、
本当に実現できるかとかは関係なく大切しようと思ってます。
だって「時間」がないから。

福岡に移住してきました☆
グラフィックデザイナー:鈴木順
Junya Suzuki:juns0714

友達申請はお気軽にどうぞ!
ときどきつぶやいています。
 Twitterhttps://twitter.com/j_nyszk