横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

まったく意味のない長時間労働ってなんだろう。

給湯室で珈琲を入れようとした所に同じ職場の先輩がやってきて、
なにやらため息をつきながらぼやいていたのでどうかしたんですか、と聞いてみると、
部門の上司から「早く帰り過ぎなので、もっとやってもらわないと困る」
というような事を言われたらしく、
自分の仕事が終わっているなら早く帰ろうが問題ないんじゃないですか?
と返したところ、また言われるのがイヤだから、
仕事が終わっても自席で時間をつぶすといいます。

もちろん言った上司の本心はわかりませんが、
「早く帰りすぎ」みたいなことも意味がわからないし、
言われた方もそんな意味のない事にいちいち気にやむ事もないような、、、
なんてもったいない時間の使い方なんだろうと思います。

その先輩の名誉もあるので言っておくと、ちょっとクセのある方だけど、
自分が接して見ている範囲では、決して仕事量が少ないとか怠けているとか、
そういうふうには見えません。
朝8時半に出勤し、夜は19時〜20時くらいに切り上げて退社していたようです。

時間は誰にでも平等に1日24時間しか無い訳で、
他人に拘束されるべきでない時間を支配されるというなんとも理不尽な状態が、
自分には到底理解できないし耐えられません。
会社員は毎日決まった勤務日数働き成果を上げた対価として、
給料という報酬を得ているわけだし、だったらそれ以上でも以下でもないし、
成果を上げるのみなんじゃないかと。

これが逆に成果も上げていないのに、
自分の権利だけを振りかざすようであれば問題ですが、
そうでなければもっと堂々としていればいいのにと思います。

仕事を終えているのに帰りづらい雰囲気というのは、
どこの職場でもあり得る事だとは思いますが、
我慢を美徳とする日本人特有の思想か、長い時間働いている=「頑張っている」、
という図式がいまだ根強いんでしょうか。

自分はそうは思わないので、圧縮できる時間は極力圧縮し、
かけるべき所に時間をかけ、人間いつ死ぬかわからないし、
自分が持っている24時間を有意義に使いたい。
だいたいそんな無駄に時間を過ごしていて、
自分の精神状態をいい状態に保てるわけがない。

仕事をして成果を上げ、やらなくてもいい仕事はさっと切り上げ、
有意義に時間を人生の時間を使って、
活き活きと生きている姿を自分の娘には見せ続けたいと思います。

友達申請はお気軽にどうぞ!
ときどきつぶやいています。
 Twitterhttps://twitter.com/j_nyszk