横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

ほおっておくと人間惰性で生きてしまうかもしれないという現実。

自分は普通に毎日会社に出勤し、
ある程度の遅い時間まで仕事をして帰宅する。
これが自分の日常。
もっと細かく言うと、
朝6時〜6時半には起床、シャワーを浴びて珈琲を入れ、朝食を作る。
一通り朝の支度を終えたらほぼ決まった時間に娘を保育園に送り、
そのまま会社へ向かう。

日中の仕事は、よほどの事がなければイレギュラーな事は起きなければ、
大体の仕事か完了する目安の時間はわかる。
仕事を終えて帰宅すれば、簡単に食事をとり、
娘が起きていれば一緒にお風呂に入れる事もあり、
寝ている時間ならそのまま自分でシャワーを浴び、寝るまでの時間を過ごす。
これがウィークデーの大体のルーティン。

こうして書いてみると、日中の仕事はともかく、
ほとんどが習慣になっている事ばかり。
これはこれで必要な事だからこなしているわけだけど、
ともすればこれだけで生きていけてしまうから習慣というものは恐ろしい。
このルーティンだけで簡単に数ヶ月、一年があっと言う間に過ぎてしまう。

もうだいぶ前から、なんとかこのルーティンの中の時間に、
自分のための勉強時間や、本を読む時間、体のケアをする時間などを
どうやって組み込むかさんざん考えてきた。
人は本来変わりたくない生き物だし、自分も元来怠け者なので、
ほっておけばこの惰性のルーティン生活に慣れてしまって、
まあこれでもいいか、などと自分を無理矢理納得させてしまう傾向にあるけど、
そこは無理にでも時間を作って自分の成長のためのルーティンを組み込みたい。

ある脳化学の研究結果によると、
人は行動を決定する要素を95%無意識のうちに選択、決定しているらしい。
ほぼ無意識に行動を決定しているなら、
この無意識の中に、新たに組み込みたいルーティンを組み込んでしまえば、
おのずと習慣化できるはず。
やらなければならない事もやりたい事も、
考えずに行動する無意識の中に組み込んでしまえばいい。

忙しい現代人の生活では、
あっという間に一日が終わり、一週間が終わり、一ヶ月、一年、十年が過ぎ、
気づくと日常をこなすだけの人生なんてことになる。

考えただけでゾッとする、、、。

意図して時間をコントロールし、時間を捻出して、
無駄に時間を過ごすことのないように心がけないと、
あっという間に人生が終わってしまう。
新しく生み出そうとしているものは、
いつものルーティン以外の時間から捻出した時間の中からしか生まれない。
漫然と過ごすことほど、非生産的なことはないですよね。

友達申請はお気軽にどうぞ!
ときどきつぶやいています。
 Twitterhttps://twitter.com/j_nyszk