読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

小さなアップデートひとつでも確実に変化がある。

「滞留」とか、「滞留」という類の言葉にあまりいいイメージはないでしょうが、

周りを見回すと、色んなところで滞留しまくっている物事はたくさんある。

 

例えば、仕事をする上で社内の情報共有ひとつとっても、

東京で仕事をしていた時には、

一つのプロジェクトを部門を渡ってチームで動かしていたので、

日々細やかな情報共有がなされいた。

情報は滞留せずに常に流れてチームメンバーに周知されてく。

業務上の情報は日々アップデートされていくため、

一人ひとりが情報をキャッチしようと当然ながら意識している。

 

これが情報共有を「停滞」、「滞留」させるとどういう事になるかというと、

おそらく最終的には生産される製品やサービスの品質に影響が出て、

クレームに繋がりいいことはひとつもない。

 

どんな人間関係でも、

リアルやSNSでもいつも自分の情報を細やかにアップデートして、

自分の感じた事や自分の素を伝えている人とそうでない人では、

初対面で人に会った時の相手が持つ、自分の情報量がすでに違うので、

その後お互いの距離が縮むスピードが圧倒的に早い。

 

日々の定期的なアップデートって大事だ。

 

人の生活、少なくとも自分の生活は、

ほおっておくと日々同じ事の繰り返しになりかねない。

もちろんそこに居心地の良さや安心感もあるのだけど、

先に言った「停滞」や「滞留」という、

物事や「気」のようなものが流れていかないという、

循環していない、淀んだ状態になりかねない。

 

自分はそれが嫌なので、

たとえどんな小さなことでも、

日々なにか新しい事や変化を生み出すようなきっかけを、

無理やりにでも作り出そうとしている。

 

たとえばいつもの通勤路と違う路に変えてみたりすると、

毎日見ていた景色とは違い、新しい発見があったり。

いつも気の休まる同じ人とばかりいないで、

たまには違う人と出会える場所に出かけてみたり。

 

するといつもと違った空気感、「気」のようなものが自分に入ってきて、

それがきっかけで運気が良い方向に流れたり、

自分自身もいつもと違う「気」が入ってくることで、

気付けなかったことに気付けたり。

 

日々の小さなアップデートってやはり大事だ。

なにか新しい物に出会いたかったり、

自分の気分をリフレッシュしたい時には、

自分の普段の行動や思考や会う人など、意識して変化させよう。

 

どんな小さなアップデートでも、

なにか変化を起こそうと自分から動けば、

いつもとは違った結果が得られるはず。

 

友達申請はお気軽にどうぞ!

ときどきつぶやいています。
 Twitterhttps://twitter.com/j_nyszk