読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

今年はどんどんやる事に決めた。

いつでも誰でもがそうだと思うんだけど、

何かを始めようとする時に、

まず情報収集、そして準備、そしてその方面の勉強、そして、、、

と、まずいろんな情報を時間をかけて集めまくって、

どれだけやったらいいのか、どれだけやれば成功するのか、

などど机上の理論で物事を考えるパターンの人って多いと思う。

ご多聞に漏れずこの自分もまさにこの傾向にあり、

なにかと確認と情報収集し、ましてや勉強や知識のインプットが大好きなものだから、

いつまで経っても前に進むものも一向に進まないという事態になりがちだった。

 

この悪しき習慣を今年はまず取り払ってしまおうと考えた。

それはなぜかと言えば時間がもったいないから。

 

その情報収集で数日かかり、

その間にこのセミナーを受けておいたらいいんじゃないかと検討して数日かかり、

気づけば情報収集が目的になってしまっている。

 

そうやって時間ばかりが過ぎていき、

反面情報だけはインプットし続けているので、

本人としてはなんとなく前に進んでいるような錯覚に陥る。

 

この悪いパターンの人って意外に多いんじゃないだろうか。

自分もその傾向にあるので、そうしてしまうその気持ちだけはよくわかる。

 

しかしそうやって何年も過ごしてきた結果が今の現状であり、

その現状に自分が満足していないなら変えるべきで、

その変え方も今までのパターンでは変えられるはずもないので、

ある程度自分自信が苦しいと思うくらいの負荷が必要なはず。

なので、今年はやりたいと思った事、

数年後の目標に向かってやるべき事をタスク化し、

冷静に今なにをするべきかを考えて時間を最大限有効に活用しようと思う。

 

誰にとっても、今この瞬間にやっている事の延長に未来があり、

未来から見た今が、確実に未来と繋がっていないと、

きっと自分自身で満足した未来の状態を実現できるはずがない。

 

そのためには、まず「やってみる」。

ただ何も考えずやみくもに勢いで行動するのではなく、自分の直感を信じ、

考えこんで悩む前に「動く」。

そうしてまずやってみて、動いて得た情報の感触や実感が、

次に繋がる判断基準の蓄積にもなるし、

なにしろ自分で行動して情報を足で集め、

体感して得た感覚に勝るものはないんじゃないかと思う。

 

そんな事をいろいろ考えてこの年明け数日を過ごしていたら、

半分妄想かもしれないけどなんだかとてもワクワクしてきて、

そんな未来を自分で掴めたら最高だなと、

漠然と未来像をイメージできてきた。

 

今年は自分のイメージに向かって大きく飛躍する事が出来たと実感して、

2017年の終わりを迎えられるように頑張ろう。

 

友達申請はお気軽にどうぞ!

Facebookhttps://www.facebook.com/suzuki.junya.5
Twitterhttps://twitter.com/j_nyszk