読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

好き。の蓄積の先にあるもの。

f:id:juns0714:20170115004851j:plain

 

娘は体を動かす事が大好きだ。

今は流行りの「恋ダンス」完璧に覚え、

暇さえあれば踊っている。

他にもEテレの「おかあさんといっしょ」のコーナーに出てくる

踊りも完璧に覚えてテレビを背中にして、

テレビの中の人の歌のお姉さんと一緒に踊っている事がよくあった。

 

踊り以外で好きなものは「キドキド・あそびの世界」。

ここが本当に大好きで、

先日横浜に帰省した時にも行きたいというので連れて行った。

 

福岡に戻ってきて一週間、こんどは福岡のキドキドに行きたいと言うので、

ついこの間横浜で行ってきたにもかかわらず再び訪れる事になった。

 

f:id:juns0714:20170115004921j:plain

 

相変わらず子供はやっぱり好きなことしかしない。

そんな子供を見ていると、やはり人間本来好きな事をしている時が

一番その人間の魅力が現れているような気がする。

 

これが大人になるにつれ周りを気にして、

好きでもない事をやらざるを得なくなり、

変に周囲に気を使い本来自分が好きだったことを封印してしまう。

 

自分自身が本来好きなことをやっている時にこそ

本当に自然でその人らしい笑顔になれるのに、

なんて不自然なことなんだろうと思う。

 

こんな小さな子供の頃に自分が大好きだと自覚できたものは、

大人になったからといってちょっとやそっとで変わるはずもない。

 

行動や意思決定の基準の全てが「好き」や「楽しい」が原点である子供を見ていると、

わざわざ自分が好きな事を封印してしまうことが馬鹿らしく思えてくる。

自分に言い訳をしてやりたいけどやれない理由を並べ、

それが大人なんだからと言って封印してしまう事がもったいない。

 

子供は本当に大人が忘れていたいろんな事を教えてくれる。

自分も子供の頃に大好きだった事を思い出し、

それをもう一度引っ張り出して、もう一度自分らしさ全開で行けたら、

それって最強じゃないですか。

 

友達申請はお気軽にどうぞ!

Facebookhttps://www.facebook.com/suzuki.junya.5
Twitterhttps://twitter.com/j_nyszk