読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

目的が曖昧なままに話を進めるとややこしくなるという話。

 

デザインの仕事をしていると、

お客さんや営業サイドとのコミュニケーションの中でよくあるのが、

そのデザインは何を伝えるためのデザインなのか、

曖昧なまま話が進んでしまう事。

それを防ぐためにはそのデザインを起こすことで何を一番に伝える必要があって、

なぜそれを伝える必要があるのか明確にする事。

その上でそれを伝えるための方法を模索していく。

色や書体の選定だったりサイズをどうするかだったり、

どんな写真のトーンにするかだったり、

写真のトリミングをどうするかだったり。

 

その中でよくあるのが、

その案件に関わる人すべてが、

色はこれがいい、配置はこうがいい、

ここの大きさはもっと大きほうがいい、

色使いはこうがいい。

関わっている人がいろいろな方法論や価値観を投げてくる。

 

もちろん関わる人すべてでモノを作り上げていくことは

自分が気づかなったことに気づくことができたり、

自分で気付かなかったいい作用がある事も事実。

しかし反面、人が多く関わるだけに意思統一や

コンセンサスを取ることが難しくもなる。

 

集団で一つのモノを作り上げたり

ゴールに向かってチームで事を進めていく事は、

やりがいがある反面、

チーム内のお互いの領域に踏み込みすぎても

結果として良くなることばかりでもない。

 

集まった人の数だけ価値観があるのであって、

その反面、最終的な目的地は一つだったりするから話がややこしいだけで、

常に最終目的地を確認しながらチームで進んで行くのが大事で、

その方法論について何が正しいとか間違ってるとか議論すること自体、

本質からずれていると思うし、なにしろ時間の無駄でしかない。

 

最終ゴールであり目的地が明確に共有できていれば、

余計な摩擦やロスもない。

 

なにか複数人で物事を進めていく時、

その完成形はどんな状態か、どんな効果があったら成功なのか、

関わるチームの中で常にそういった「最終目的」がなんなのか共有できていたら、

それって最強じゃないですか。

これが正しい、それは間違っているの無駄な議論もない。

お互いがお互いに認めあって一つの目的を共有し合えば、

つまらない揉め事はなくなるはず。

 

 

友達申請はお気軽にどうぞ!

Facebookhttps://www.facebook.com/suzuki.junya.5
Twitterhttps://twitter.com/j_nyszk