横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

福岡市内へ引越しを検討しつつも太宰府の良さを再確認した。

 

娘がこの春から小学校へ入学するのを機に、

少しでも良い学区の学校へ通わせたいと思い、

以前から家族で福岡市内の校区への引っ越しを検討している。

いや正確には検討していた。

 

福岡は東京と違い、狭いエリア内でその地域の学校の校風や

雰囲気などが微妙に違うらしく、

子供が小学校に進学するタイミングで学区が少しでも良いエリアに

引っ越すことも珍しくないという。

 

そこで持ち上がった引越し計画。

いまは福岡の太宰府市内の新興住宅地エリアに住んでいるが、

上記のような理由で以前から引越し先を探していた。

 

ところが物件探しが思うようにいかず難航し、

2月に入り引越し計画自体もほぼ頓挫。

そんな折、引っ越さずに今の場所に住むことが濃厚になってきた今、

あらためて現在住んでいる場所、太宰府の良いところを考えてみた。

 

まずはやはり太宰府天満宮。全国区。

全国的にメジャーな土地であるということは、

それとなく満足感につながってもくる気がする。

www.dazaifutenmangu.or.jp

 

 個人的に好きな場所。地元では有名なパワースポット。

史記念館が併設されていて、太宰府の成り立ち、歴史の勉強ができる。

www.dazaifu.org

毎年秋口に開催される、太宰府ならではのイベント。

街中が幻想的な行灯の光で埋め尽くされる。

yakei-world.com

そこでライトアップされる歴史ある寺院。

www.dazaifu.org

 以下引用。

“日本最古の梵鐘がある「西日本随一の寺院」

源氏物語』にも登場する観世音寺は、天智天皇が、母君斉明天皇の冥福を祈るために発願されたもので、80年後の聖武天皇天平18年(746 年)に完成した。古くは九州の寺院の中心的存在で、たくさんのお堂が立ちならんでいたが、現在は江戸時代初めに再建された講堂と金堂(県指定文化財)の二 堂があるのみである。境内はクスの大樹に包まれ、紅葉、菩提樹、藤、アジサイ、南京ハゼと季節が静かに移る。”
 
太宰府は、関東、神奈川ででいうところの「鎌倉」のようなイメージで、やはり歴史を身近に感じ、それなりに自然もあって、
のどかでのびのびとした暮らしが実現できるのかもしれない。
 
実際、住む場所として太宰府を一押しにしている人もいる。
そしてなぜかイギリス人に人気の場所らしい。

www.chintaiya.jp

その他には、生活の利便性の面では、イオンモールが車で10分ほど、

ゆめタウン西友系のショッピングモールも車で15分、

福岡都市高速九州自動車道のインターもすぐ近くにある。

都心部である天神に電車で行くとしても、各駅停車でおよそ25分ほど。

 

おしなべて考えてみると、確かに暮らしはしやすい。

中心部につかず離れず、そこそこ田舎でそこそこ便利。

そのため道も広く、高さのある高い建物はないし、

住居や商業施設がひしめき合っているわけではない。

4年前に移住してきた後には、好んで住み始めたとはいえ、

横浜と比べてかなりの田舎度合いにとまどったりもしたけど、

住めば都とは良く言ったもので、けっこう各方面で便利であり、

けっこう良い環境なんじゃないと思えてくる。

 

したがって、そこまでしてわざわざ多少なりとも良い学校区に、

お金と労力をかけてまで引っ越す必要はないんじゃないかと、

考え方が変わってきた。

 

ここにはここの良さがあるはずだし、

なにかの縁でここに住みついているのだから、

それを信じて受け入れて、最大限に今の生活を楽しめればいいんじゃないかと思う。

 

今から福岡に住むことを検討している方、

福岡市内に限らず中心部から若干離れ、

環境のよい太宰府候補に入れてみるのもおすすめです。

 

友達申請はお気軽にどうぞ!

Facebookhttps://www.facebook.com/suzuki.junya.5
Twitterhttps://twitter.com/j_nyszk
Instagramhttps://www.instagram.com/juns0714/