読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜〜福岡1100km!移住デザイナーの日々つれづれ。

横浜から福岡へ移住しました。日々思ったことを淡々と綴ります。

緊急度と重要度のジレンマ。

 

現代に生きている人の中で、

忙しくない人というのはほぼいないと思います。

みなそれぞれ自分の生活とルーティン、守るべきものがあって

自分の時間や人生を生きているのだと思います。

 

人それぞれ「自分の時間」と言っても、

どれだけ「自分そのものの時間」なのだろうと

考えたことってありますか?

 

当たり前のことだとは思いますが、

人はそれぞれその環境や人間関係などの置かれた状況の中、

たとえば勤めている会社の社員として、子供を持つ身なら親として、など

当然自分の「役割」を全うして生きているのが普通だと思います。

ところが、自分そのものがやりたいことや優先したいことは

自分の「役割」とは一致していない場合もあり、

置かれた状況や環境で必死に自分の役割を果たそうとするのだけど、

自分そのものとしてやりたいことや自分の成長につながることは、

別の次元にある場合も多い。

 

何が言いたいのかというと、

人は優先順位や緊急度が高いものから行動し、

緊急度は高くないが自分にとって重要な事は

役割を優先させる必要があるため後回しにせざるを得ない。

もちろん緊急度が高い事の優先順位が先にくるのは仕方がないのだけど、

それが自分にとっていつも重要度が高い事とは限りません。

 

人は限られた時間の中で、自分が置かれたこの「役割」を全うしながら、

緊急度による優先順位が高いものから行動せざるを得ないのだけど、

緊急度と優先順位と自分にとっての重要度合いが一致してくれば

それが一番満足度が高いのだと思います。

 

「やりたい事をやっている」と思って生きるか、

「やらなければならない事をやっている」と思って生きるか。

それによって時間の使い方や時間の持つ意味が全く変わってくる。

自分は当然「やりたいことをやって生きている」という状態に

自分を持って行きたいと思います。

友達申請はお気軽にどうぞ!

Facebookhttps://www.facebook.com/suzuki.junya.5
Twitterhttps://twitter.com/j_nyszk
Instagramhttps://www.instagram.com/juns0714/